専業主婦がお金を借りにカードローンに手を出すとき

返済と借り入れを繰り返す借金地獄にハマる妻

返済と借り入れを繰り返す借金地獄にハマる妻

女性30歳
食品製造業3年

食品製造会社に勤めて3年目です。

20歳でローンを組む

初めてカードローンに契約したのはパチンコ屋さんの社員をしていた20歳の頃でした。

生活をささえるために

就職したてで妊娠してしまい仕事を辞めて実家暮らしをしていましたが、父親が病気になり母だけの収入では足りなくなったため、カードローンを利用することになりました。

考える間もなく

母親に契約してほしいと頼まれたので考える間もなく返事をしたのですが、旦那にはそのことは相談しませんでした。

旦那への連絡が不安で

私は働いていなかったため、名義は私で収入源は旦那の会社名を書いたので旦那の会社に連絡がいかないかが不安でした。

当時は簡単に契約できた

当時は契約も簡単にできましたが、今は旦那の許可なく契約はできなくなっています。
収入によって借りられる額が違いますが、当時はあまり厳しくなかったので1回で50万円を借りられていました。

借金地獄に

返済期限がくると他の会社から借りて返済にまわすなど、結局数社のカードローンを利用することになり、返済と借り入れの繰り返しの日々に。
返済できないときは利息だけ返して元金がそのままのため、完済には程遠く、また返済額が減ったらまた高額を借りてしまうので、中々借金地獄から抜け出せない状態でした。

借りる目的をしっかり持とう

本当は借りないのが一番ですが、借りる必要がどうしてもある場合は、目的を定め返済計画をしっかり立てて借りるべきだと思います。


女性が利用するカードローン